花筏


e0127625_11131120.jpg


今週はずっとお天気が良くてほんとに気持ちがいい。
久しぶりに窓を大きく開けて空気を入れ替えています。
今日もそうしようと思ったら、近くの工事で大きな音がしはじめ・・
がっくしきて早々に窓を閉めました。

つい先日までは、日なた日なたへと向かって歩いていたのに
ここ数日は日かげを探して歩いています。半袖の人もたくさん見かけました。
そろそろ日傘の出番かな。また荷物が増えます。

今年は長い期間、桜も楽しめました。まだ綺麗に咲いてますね。
ずっと咲いていてほしいと思うけれど今この時期だけ
名残惜しいくらいが良いのでしょうね。
はらはらと、時には桜吹雪となって散っていく桜の花びらに、
川を流れる花筏。(なんだか俳句のようになってしまいました)
どの姿も本当に美しいです。

花筏と言うのは、花が散ってその花びらが川を流れていく様子を
筏に例えた言葉なのだそうですが、昔の人が自然の情景を表す言葉は
いつも上手いこと言うなあと感心せずにはおれません。
日本語には綺麗な言葉がたくさんあるんですね。

今年に入ってからはいつになく周りで(周りでと言うところがミソです)
いろんな喜び事が多く、うれしい空気に包まれた良い春となっています。
[PR]

by lierre-fleur | 2009-04-11 08:55 | fleur

<< 桜 ありがとうございました >>