e0127625_17311765.jpg


一瞬梅雨が戻ったかのような昨日のお天気。
外出から帰り、マンションのエレベーターを降りてふと空を見ると
目の前に虹がかかっていました。急いで家へ戻りベランダへ。
よく見るとその虹は、去年見た虹と同じ二重の`副虹’。
外側にうっすらともう1本虹がかかっているのです。

だんだんと暗闇に包まれつつある空と、その反対側の空から差し込む明るい太陽の光、
その二つの中から生まれたのは、現実とも思えない絵に描いたかのような空の色。
小さなデジカメではとても伝えきれないくらい実際の虹と空は
本当にもっともっと美しかったです。
虹の下に広がっている雑多な町の様子は見ないふりをすると
もちろん行ったことはないけれど、自分が天国やどこか違う世界にいるような・・
そんな不思議な空でした。


e0127625_17313756.jpg


刻々と変わってゆく空の色を背景に姿を見せ続けてくれた虹が
消えていくときの名残惜しさ・・。でもそれがいいのですね。
いつも空に虹がかかっていたら、うれしいけれどきっとこんなに感動はできません。
またいつかこんな綺麗な景色を見せてもらえますように♪
[PR]

by lierre-fleur | 2011-07-13 21:11 | つれづれ

<< 天神さん 七夕 >>