灯しびとの集い

e0127625_22172280.jpg


「灯しびとの集い」4回目の開催でやっとタイミングが合いました。
暑いくらいの良いお天気の中、ブースを一つひとつ回っていると
作家さんたちの作品を生み出すエネルギーのようなもの?を感じます。
何かを創造するって素晴らしいな

私は染付の小皿を一枚。
一番最初に見た作家さんの作品です。
作家さんにとって作品はきっと我が子のようなもの。
引き受けてうちで大切に育てていきます。

e0127625_2217596.jpg


久しぶりにカメラを持って出たけれど
あまりよくわからない写真ばかりでした。。


またまたマルメロさんから転載させていただきます。
以前少しお話した『モンサントの不自然な食べもの』
上映会のお知らせです。

何かを判断する時に大切にしたいのは
『健やか』なもの、『健やか』なこと。

贅沢をすること、とは少し違って
自分が食べるもの、使うものにちゃんと気を配ることが
本当の意味で自分を大切にすること。
そうすると、他の対象にもまた自分と同じように・・と
ちゃんと大事にできるんじゃないかなあ
私はそんな風に思っています。

健やかな大地が健やかな食べ物を育み、健やかなものをいただき
そして健やかに土に返す。
ぐるりぐるりと廻る良い命の循環がずっと続いていくように。

地球を大事にすることは、自分を大事にすること。
またその逆も言えます。
よく言われていることだけど、これはほんとその通りだなあ・・って。
感覚を澄ませて見極めることがとても大事な世の中になってきました。


以下、マルメロさんのブログより転載です。

----------------------------------------------------------------------------------------

「モンサントの不自然な食べもの」の上映会を開催します。

グローバル化が進む中、私たちの食べ物にどのような変化が起ころうとしているのか、
「モンサント社」に焦点をあてて描いたドキュメンタリーです。

知らず知らずのうちに私たちが口にしている遺伝子組み換え作物とは
一体どういうものなのか。
また遺伝子組み換え作物をはじめ、枯葉剤、農薬、PCB、牛成長ホルモンを
1世紀に渡り製造販売してきたモンサント社とはどいう企業なのか。

日本に住む私達の生活にも深く関わりのある問題です。

食、農業、環境、そして生物の根幹である「タネ」をも支配し利益ばかりを追求する
現在の「食」の経済構造について考えさせられる映画です。

http://ja-jp.facebook.com/monsanto.movie.jp

日時:
2012年11月26日(月) 11:00~
2012年11月27日(火) 19:00~

会場:
ウーバレ・ゴーデン

料金:
¥3,800(映画+食事)

予約:
ウーバレ・ゴーデン 0798-32-2567/natural@ugi.jp
マルメロ  078-381-6605/ando@marmelo-lab.com

※お時間が許す方は食事のあと意見交換会が少しでもできればと考えています
[PR]

by lierre-fleur | 2012-11-02 08:43 | イベント * 講演会

<< 落ち葉ひろい 一吉さんのもなか >>