カテゴリ:地球のこと環境のこと( 32 )

大きな一歩


e0127625_17294619.jpg



~ Gipsy Song ~ 三宅洋平
http://www.youtube.com/watch?v=5dHCRFAfnJ8

[PR]

by lierre-fleur | 2013-07-22 22:42 | 地球のこと環境のこと

芍薬 ~ Pivoine ~



e0127625_234535100.jpg

[PR]

by lierre-fleur | 2013-07-16 23:52 | 地球のこと環境のこと

憲法が変わっちゃたら、どうなるの?


e0127625_21525863.jpg



憲法が変わっちゃったら、どうなるの?
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=V7EcIEdNZ4A

[PR]

by lierre-fleur | 2013-07-15 23:23 | 地球のこと環境のこと

種のお話


e0127625_11403763.jpg

5月/森の集いでの種の交換会ブース


春に映画 『よみがえりのレシピ』 を観ました。

よみがえりのレシピは、山形県を舞台に代々受け継がれてきた在来作物と
その種を守る人々の姿を描いたドキュメンタリー映画です。

在来種は長い時間をかけて、その地域の風土に根付いた自然の種。

種をまき、花が咲き、実がなり、そしてまた種ができる。
その種をまくとまた同じ性質の植物が成長する
自然のサイクルの中で生まれ育つ種。


その在来種も数が減って、今市場で流通しているのは
ほとんどが 『F1種』 という人為的に作られた種だそうです。

F1種は育ちも早く、たくさん収穫でき、また形や大きさも揃うので
流通にも適しています。
利点が多いようにも思えますが、その性質が出るのは最初の一代だけなので
翌年からはまた種を購入することになります。

F1種が増えたのは、虫食いのないきれいな、形の整ったお野菜を
私たちが求めたからでもあるのでしょうね。
そういうお野菜しか売れなくなってしまったから。


e0127625_1332421.jpg

よみがえりのレシピに登場する山形県、イタリア料理アル・ケッチャーノの
オーナーシェフ、奥田さん。 5月/ウーバレゴーデン「食と農の寺子屋」にて。



長い間、大切に受け継がれてきたものが失われるって寂しいな。。
そんな気持ちと一緒に・・、“?” と疑問もわきました。

もしも、種の値段がすごく上がったら?
もしも、もう種を売りませんって言われたら?
どうなるんだろう。

そんなこと、あり得ないと思うかもしれないけれど
種をどこかがコントロールする、つまりは食べ物をコントロールする・・
そう思うと、なんだかすこしこわいなぁ・・とも感じます。


日本の自給率は今でも40%あるかないか。
もしなんらかの理由で、もう日本には輸出しませんよーと言われたら?
同じようにそんなことも考えます。

ただ、多くを輸入に頼っているにも拘わらず
その輸入した食糧の約1/3を捨てている(年間約5800万トン)
日本は食糧廃棄率において世界一なのだそうです。
(‘モンサントの不自然な食べ物’上映会での、NPO法人AMネット代表理事松平さんのお話より)

頼るばかりでなく・・、何かの時には分け合えるように
日本ももう少し自立することが大事なのかもしれません。


e0127625_13332856.jpg


土、水、光、風、気候・・
在来種の種の中には長い間の膨大な記憶が組み込まれていると思うと
あの小さな種がものすごく大切なものに思えてきます。
人が作るどんな精巧な機械もかなわないな~


種のお話については、『from FOLIAGE』のomariaさんが
六耀社さんのサイトで書かれているコラムで
優しく、わかりやすく書いてくださっています。

・・・・ vol.18 種のお話 ・・・・スローライフ イン バークレー

omariaさんはカリフォルニア、バークレーでお花の会を主催されています。
お花、植物のエネルギー、その本質に触れられる
そんなomariaさんのお花もお話も大好きなんです♪
他のコラムもぜひ!

そしてこちらにも種のお話が・・

・・・種を考える・・・ 無印良品~くらしの良品研究所~
[PR]

by lierre-fleur | 2013-07-13 23:38 | 地球のこと環境のこと

よもぎ


e0127625_20385178.jpg


よもぎを摘んできたので、紐で結んでお風呂にぽんっ。
ふわ~とよもぎの香りが漂います。

小さい頃からなんとなくよもぎが好きで(お団子とか。。)
よもぎの効能を知って、それが何故だかわかりました!

よもぎは造血作用、浄血作用、胃腸強化、冷え性にも。
なるほど自分に必要なものだったんだなあ。
人はきっと‘なんとなく’わかってるんですね。


e0127625_2154351.jpg

こっちは春に摘んだよもぎを乾燥させたもの。
ガーゼに包んで、お風呂にぽんっ。



友人から「魔法のめがね」という本を借りて読みました。
マクロビオティックの創始者、桜沢如一さんの書かれた本で
陰陽の話がお芝居形式で書かれていておもしろい。

魔法のめがねをかけると・・・

『なんでもよく見え、よくわかる。
ものごとの本当のことが見える。

暗いところ、明るいところ
百年千年の昔、また百年千年の未来まで。

姿や形、色を見て、その「こと」や「もの」「ひと」の由来、源、行く末・・
その“本質”が見える。』



e0127625_22241254.jpg

[PR]

by lierre-fleur | 2013-07-11 00:11 | 地球のこと環境のこと

5月 葉物野菜と柏餅


e0127625_17503028.jpg

5月の半ば。
エゴノキの花が少しずつ咲き始めていました。


e0127625_17504543.jpg

まずは畑で収穫&雑草ぬき。
レタスや小松菜、ラディッシュに間引き人参。
瑞々しい葉物野菜がたくさん収穫できました!


e0127625_17505837.jpg

この日もお天気に恵まれ
気持ち良い気候の中、外での調理。
飯ごう炊飯なんて小学校以来?


e0127625_1751138.jpg

この日のメニューは
葉野菜の生春巻きやワンタンのスープ、青菜の和え物などなど・・
ひじきで作ったバーニャカウダのソースが美味しかったな~


e0127625_17512810.jpg

いただきま~す!
外でいただくご飯は美味しいですね。


e0127625_17514211.jpg

お昼からは山椒や大根葉を使った保存食、
そして柏餅を作りました。

柏餅用の葉っぱは、大きな柏の木さん(写真の真ん中)からいただきました。
ありがとう♪

その季節その季節・・
自然のめぐみに感謝します。
[PR]

by lierre-fleur | 2013-06-10 17:49 | 地球のこと環境のこと

4月 野草摘み


e0127625_23441027.jpg


気がつけば6月。
短い春は、またたく間に過ぎていきました。

4月のある日、野草を摘みに。



e0127625_23445649.jpg

たんぽぽ、オオイヌノフグリ、れんげ に なずな、ヒメオドリコソウ・・・
出迎えてくれたたくさんの野花。



e0127625_23453649.jpg


ぶらぶらと散策しながら、野草を摘んで
草の香り、土の香り、風とお日さま・・

てんとう虫やかえるさんと出会ったり


摘んだばかりの野草をお料理していただきました。

のびる や はこべ は和え物に、つくし はきんぴら、
からすのエンドウ、ユキノシタ、たんぽぽ は天ぷらにして天丼に。
美味しい!

大好きな よもぎ は食後のデザート、よもぎもち。


e0127625_23463541.jpg


自然に生えているものでも
こんなにたくさん食べられるものがあるんですね。
与えてもらっているんだなあって、感じます。

きれいな水と空気と土を残していきたいな。
[PR]

by lierre-fleur | 2013-06-02 22:14 | 地球のこと環境のこと

薬草茶作り


e0127625_21531097.jpg

京都、美山で薬草茶作りを教えていただきました。

教えてくださった先生は、周りに住むご年配の方々から授かった
たくさんの知恵が途絶えてしまわないように
私たち、そしてまた次の世代へと伝える活動をされています。


知恵は、人々の長い間の生活から生まれるもの。
生活と共にあるもの。
それは何にも代えられない大切な財産。

e0127625_21532453.jpg

焙じて保存していた野草をブレンドして、もう一度焙じているところ。
(なぜか写真が横向きに。原因不明。。)


e0127625_21534022.jpg

私たちもオリジナルの野草茶を作らせてもらいました。
こういう作業、ほんと楽しい!


e0127625_21535510.jpg

[PR]

by lierre-fleur | 2013-03-17 21:44 | 地球のこと環境のこと

水仙



e0127625_21362670.jpg

[PR]

by lierre-fleur | 2013-03-11 18:26 | 地球のこと環境のこと

お花の気配


e0127625_2039282.jpg


久しぶりにお花の写真を撮ったような気がします。
やっぱりお花はいいですね。
そこにあるだけでいいのですから。

どの季節もお花はきれいだけど
春近いこの季節のお花は瑞々しく、初々しく
なにより希望に満ちていて、気持ちを明るくしてくれます。

お花のある部屋にいると
何か気配?のようなものを感じます。
もちろんこわいものではないですよ(笑)

物だけに囲まれている時とは明らかに違う
ふわり・・と漂う柔らかな空気。
植物が持つ繊細なエネルギーでもって
優しく私たちの心と身体に触れてくれている。

ただ与えてくれるだけの
その健気さに癒されるのかもしれません。

お花屋さんで目と目が合ったお花を1輪飾って
何かを感じてみてください♪
[PR]

by lierre-fleur | 2013-02-22 22:24 | 地球のこと環境のこと