秋色 と 奈良オーガニックマーケット


e0127625_20584147.jpg

今日は急に冷えましたね~
心地良いを通りすぎて、少し寒いくらい。

ちょこちょこ取ってあった実や葉っぱが、いい感じに乾いてきました。
これでリースを作る予定。



e0127625_20554779.jpg


先日、お休み期間に入る前の奈良オーガニックマーケットに
行ってきました。
(大阪でやってくださいーとさりげなくリクエスト)

ちょっと寝坊をしてしまい・・
着いた頃には、売り切れのお店も多かったのですが
お米や冬瓜、無農薬茶などなどをいただいてきました!


e0127625_2056356.jpg


マーケットと並行して、開催されていた子供の食フォーラム。
ちょうど子どもたちがお買い物中でした。

こちらにその時の様子がレポートされています。
子どもたちの表情がとってもかわいいので見てみてくださいね♪
農家さんもみんないいお顔~

子どもの食フォーラム‘農家の給食ツアー’
http://morinotsudoi.blogspot.jp/2013/09/blog-post_22.html

こちらは2日目。 ‘お弁当の日’
http://morinotsudoi.blogspot.jp/2013/09/blog-post_23.html


こんな授業が学校でもあったら楽しいんじゃないかなあ
そんなことを思いました。


e0127625_20561829.jpg


じゃがいも組のご案内役だった羽間農園さん!
写真、ありがとうございます。


この後、奈良県立図書情報館へ移動して
兵庫県で ‘こうのとり育む農法’ の確立、普及を行った
西村いつきさんのお話を聴きました。

※こうのとり育む農法
おいしいお米と多様な生き物を育み、コウノトリも住める豊かな文化、地域、環境づくりを
目指すための農法。



結果が出るまでには、上手くいくことばかりではなく反発もあったり
長く地道な活動を続けてこられたわけですが
そんな中、西村さんが心がけてこられた事は

「思うこと、思いつづけること、あきらめないこと」
「素直に謝ること、素直に教えを乞うこと、素直に感謝すること、
仲間を大切にすること」


子供たちの食という、
一番必要とされるところに安全な食べ物が届くように
こういったみなさんの活動がもっと広まって意識を高めていけるように
自分も当事者であることを忘れずに、考えていきたいと思います。
[PR]

# by lierre-fleur | 2013-09-26 23:06 | 地球のこと環境のこと

深い森のリース



e0127625_11334379.jpg

[PR]

# by lierre-fleur | 2013-09-24 11:36 | fleur

月夜



e0127625_19585426.jpg




e0127625_1959686.jpg

[PR]

# by lierre-fleur | 2013-09-20 21:23 | つれづれ

テーマは ‘ 森の集い ’


e0127625_013147.jpg


春、森の集いでいただいた「のらのわ耕舎」さんの
たまごのパッケージがあまりに可愛かったので、森の集いをイメージして
アレンジをしてみました。

森らしくなったかな?たまごの殻も入ってます~
そう言えば、もうすぐ秋の森の集いの時期ですね。


いつも未来を見据えた素晴らしい取り組みをされている
奈良のオーガニックマーケットは、広場の工事のため今月のマーケットで
一旦お休み。 次回開催は春以降になるそうです。
ちょっとさみしいですが、また春以降を楽しみにしたいと思います!


今月9月22日(日)と23日(月・祝)は、子供の食を考える2日間として
『子どもの食フォーラム』というイベントが開催されるそうです。

『子どもの食フォーラム 農がはぐくむ 子どもの食 子どもの命』
http://morinotsudoi.org/kodomo.shoku.html



e0127625_10215419.jpg


奈良オーガニックマーケットにも出店されている
のらのわ耕舎さんの美味しいたまご。

遺伝子組換えの心配のある飼料や抗生物質などの薬を与えずに
平飼いでのびのび育ったにわとりさんから生まれたたまごです♪
[PR]

# by lierre-fleur | 2013-09-17 22:32 | fleur

9月 種まき


e0127625_21335747.jpg


かぶ、大根、人参、野沢菜、春菊・・・
9月は農園の野菜作りの先生に教わって秋冬野菜の種まきをしました。
値札をとればよかった。。

種は在来種の種です。
以前書いた在来種とF1種の種のお話はこちら→


e0127625_21341397.jpg


左が野沢菜の種、真ん中が人参の種。
ほんっとに小さい種。
ここから芽が出たり、花が咲いたり、根っこがのびたりして
お野菜になるのですから不思議ですね。



e0127625_21345058.jpg

種まきの後は稲刈りを体験させてもらいました。

無農薬、無肥料、除草剤もなしで、先生が実験的に植えられたそうですが
とても立派に実っていました。

稲を持って、カマでさくっと。
こういう感触なんだなあ~っと感動。
でもたくさんになると大変なんでしょうね。

先生の仕事が早い!



e0127625_21351226.jpg


秋らしい紫色の花と稲の黄金色のコントラストがきれいでした。



e0127625_21352919.jpg

キッチンへ移動してお昼ごはんの準備。
豆乳ににがりを入れてお豆腐を作りました。


e0127625_2143258.jpg

おいなりさんを作っています。


e0127625_21434481.jpg

お食事タイム。



e0127625_21435942.jpg

この日、畑で採れるものは少なかったのですが
採れたごぼうで作ったかき揚げが、ごぼう!としっかり主張していて美味しかった♪
作ったお豆腐はこんな感じに。

デザートはプチサイズの雑穀のおはぎ。



e0127625_2147125.jpg


お昼からは保存食作り。

ゆずの皮を削って、塩とゆずの絞り汁、とうがらしでゆず胡椒。
この時点でもすでに美味しいのですが、すこし寝かせて
芋煮をする時に使う予定^^



e0127625_21473636.jpg


今月も楽しかった♪
8月に来た時より、やや色のトーンが落ち着いていました。
空が高~い。

おおらかで自由な考え方の野菜作りの先生からも
良いお話をたくさん聞くことができました。
土に触れるようになると、人がだんだん変わってくるんだそうです。
まず元気になるそうです。

畑をすると、何かを作るためにいろんな材料を揃えることをしなくなる。
工夫をしてあるもので作ろうとするから
お金を使わなくなるとも。

これすごくわかる気がするなぁ。
食べることに限らず、本当はお金がなくても生きていけると言うことを
そろそろ気付く時なのかもしれないですねぇ。


e0127625_21475376.jpg


みんなが同じ時期に芽を出すわけではないし、形もそれぞれ違う
個性のある在来種の種のように、人にも個性があって
これからはそこを大事にする世の中になるようにしていきたいね。

細かい言葉は違ってるかもしれませんが
そんなことも仰ってました。

♪実るほどこうべを垂れる稲穂かな♪

最後の写真を見ていたら書きたくなりました^^
[PR]

# by lierre-fleur | 2013-09-15 22:35 | 地球のこと環境のこと

宵の明星


e0127625_22575082.jpg


久しぶりに青空を見たような気がします。

日が暮れるか暮れないか・・、まだ暗闇にすっぽりと包まれる前
澄んだ西の空にきらきら輝く星がひとつ。

宵の明星、金星が瞬いていました。


e0127625_2258495.jpg

[PR]

# by lierre-fleur | 2013-09-06 21:05 | fleur

奥丹波のブルーベリーと映画いろいろ


e0127625_20582418.jpg


雨の後、空気が秋に変わりました。
夜になると聴こえてくる虫の音色が心地よく。

「天地始粛(てんちはじめてさむし)」
8月ももう少しで終わりですね。


奥丹波の農家さんが丹精こめて作られたブルーベリー。
1日に10キロだけ収穫できる貴重なブルーベリーだそうです。

つぶが大きくて、甘い香り、美味しい!って心が感じます。
果物もどんな場所で、どんな風に育ったか
記憶を全部持っているから、それが食べる人にも伝わるのだろうなぁ。

白いお皿は、以前京都の古道具屋さんで見つけた古い日本のお皿。
どこかグリーンがかったようにも見える奥深い色。



先日、『いのちの林檎』を観に行きました。
シックハウスから化学物質過敏症になった早苗さんとお母さんの
ドキュメンタリー映画です。

公式HP → http://www.inochinoringo.com/index.html

便利さ、大量生産、経済重視の陰でいつも誰かが何かが犠牲になっていて
そしてそれはきれいに隠されていて・・

多くの人が知ることによって、意識することで
そこに光が当たるのではないのかな。

面倒なことは切り捨てて、とにかく前に前に進めばいい
そんな強がった、踏ん反った社会よりも
小さきもの、弱きものの声を聴き、立ち止まる勇気と優しさを持った社会がいい。

実はそうすることが
誰にとっても暮らし良い社会になるんじゃないかな~と
そんな風に思うのです。


ついでに色々映画情報♪

『いのちの林檎』
テアトル梅田 http://www.ttcg.jp/theatre_umeda/ ←上映中9/6まで
神戸アートヴィレッジセンター http://kavccinema.jp/

『ベニシアさんの四季の庭』http://venetia.jp/index.html

『標的の村』 → http://www.hyoteki.com/
*30日(金)東京のポレポレ東中野での上映後は、三宅洋平さんがゲストで来られるそうです!
詳しくはこちら → http://hyoteki.com/news/?p=183

『世界が食べられなくなる日』 → http://www.uplink.co.jp/sekatabe/


見逃したけどこれも観たかったー
『紫』 公式HP → http://www.art-true.com/purple/index.html

--- 『紫』HPより ---
かつて日本の色には何処のものとも違う独特なニュアンスがあった。
それは、この国の風土が育んだ植物染料だけが表現できた色。

化学染料に頼り、失われつつあった日本の色を取り戻そうと闘う男がいる。
吉岡幸雄。姿を消し始めた染織植物は、農家を探し
説得し栽培するところから関わる。

単なる染め職人ではない。無理だと言われても諦めない。
植物の染料は漢方とも紙一重。

美しいものは身も心も癒す。
優しい頑固者。
これはその静かな闘いの記録。
[PR]

# by lierre-fleur | 2013-08-29 23:35 | 映画

8月 夏野菜その2



e0127625_2351573.jpg


8月の初旬。
この日も暑い一日でした!

少し前のことなのに、暑さのせいか
外で何をしたのか記憶にありません(笑)


黄色、赤、黒?のカラフルなプチトマト。
皮を湯むきして、カットして・・

↓オリーブオイルで炒めてトマトソースを作りました。


e0127625_2353391.jpg



e0127625_2354625.jpg


こちらは野菜の重ね煮。
お借りしたホーローのお鍋がレトロで懐かしい雰囲気。
お野菜は陰陽に基づいて順番に重ねます。

お水は入れず、お塩とお味噌を少し。
お野菜がたっぷり味わえる和風ラタトゥイユ?

野菜を切ってお鍋に入れるだけ、そして美味しいお料理は
あまり時間のかけられない私にはこの上なくありがたく・・
実は今日も作ったんです。

野菜からじっくり出たうまみの美味しいこと。

最近はお味噌汁を作る時も、ほとんど出汁をとることがなくなったので
(海のものも色々とね。。)
野菜をゆっくりと煮るようにして出汁代わりに。
くった~っとしたのが好きなので、くった~っとするまで煮ます。


e0127625_236060.jpg


ずんだです。
枝豆をつぶして豆乳ときび砂糖でこねこね。
白玉粉も豆乳でこねこね。

豆乳を使うとミルキーでおいしいです。


e0127625_2361212.jpg


この日のメニューは・・

・ 夏野菜の重ね煮
・ トマト入りの冷汁 ← 宮崎の郷土料理。これがまた美味しい~んです。
・ 大葉の味噌巻き揚げ
・ だし ← 山形の郷土料理。これも美味しくてご飯がすすみます。
・ ずんだ白玉
・ ご飯 (七分搗きだったかな?)

トマトソースは保存食に。


e0127625_2362652.jpg


近くの田んぼでは稲穂が出ていました。
まだこの頃はまっすぐだったけど、今頃は垂れてきているかなぁ。

秋近しです。
[PR]

# by lierre-fleur | 2013-08-24 21:43 | 地球のこと環境のこと

7月 夏野菜1


e0127625_22204950.jpg


6月は多忙のためお休みしたので、7月です。

畑ではじゃがいもを掘り起し、なすやトマト、きゅうり、紫蘇やバジルなどなど
夏野菜の収穫と雑草抜き。

暑い、暑い!
畑では写真を撮る余裕もなし^^;


e0127625_22211983.jpg


メインは夏野菜のカレー。
ルーは使わずスパイスにココナッツミルクやカシューナッツ、ジャムなどで
美味しいカレーができました。

脂質が多いせいか、ある頃から市販のルーを使ったカレーが
食べれなくなったのですが(食べたくなくなった)
植物性の材料だけでもコクのあるカレーが作れますね。


e0127625_22215034.jpg


お昼からは保存食作り。
梅ジャムに紫蘇ジュース。
梅をつぶす時の甘い香りがたまりません♪

赤紫蘇は洗ってもんで梅と一緒に漬けこみました。
お味噌と梅干しくらいは自分で作って、少しでも家庭内自給率を
上げていきたいな。


e0127625_222249.jpg


駅までの通り道にある大きな川。
この辺りには鳥もたくさん生活していて、ツバメもびゅんびゅん飛んでます。
ある時には、白鷲さんが姿を見せてくださり
その神々しさにしばらく見とれてしまいました。
[PR]

# by lierre-fleur | 2013-08-22 10:44 | 地球のこと環境のこと

『セヴァンの地球のなおし方』

e0127625_20481655.jpg



『セヴァンの地球のなおし方』公式サイトhttp://www.uplink.co.jp/severn/

e0127625_213188.jpg


・・・ セヴァン・スズキ 1992年地球サミットスピーチ ・・・
[PR]

# by lierre-fleur | 2013-08-19 11:23 | 映画

大きな一歩


e0127625_17294619.jpg



~ Gipsy Song ~ 三宅洋平
http://www.youtube.com/watch?v=5dHCRFAfnJ8

[PR]

# by lierre-fleur | 2013-07-22 22:42 | 地球のこと環境のこと

芍薬 ~ Pivoine ~



e0127625_234535100.jpg

[PR]

# by lierre-fleur | 2013-07-16 23:52 | 地球のこと環境のこと

憲法が変わっちゃたら、どうなるの?


e0127625_21525863.jpg



憲法が変わっちゃったら、どうなるの?
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=V7EcIEdNZ4A

[PR]

# by lierre-fleur | 2013-07-15 23:23 | 地球のこと環境のこと

種のお話


e0127625_11403763.jpg

5月/森の集いでの種の交換会ブース


春に映画 『よみがえりのレシピ』 を観ました。

よみがえりのレシピは、山形県を舞台に代々受け継がれてきた在来作物と
その種を守る人々の姿を描いたドキュメンタリー映画です。

在来種は長い時間をかけて、その地域の風土に根付いた自然の種。

種をまき、花が咲き、実がなり、そしてまた種ができる。
その種をまくとまた同じ性質の植物が成長する
自然のサイクルの中で生まれ育つ種。


その在来種も数が減って、今市場で流通しているのは
ほとんどが 『F1種』 という人為的に作られた種だそうです。

F1種は育ちも早く、たくさん収穫でき、また形や大きさも揃うので
流通にも適しています。
利点が多いようにも思えますが、その性質が出るのは最初の一代だけなので
翌年からはまた種を購入することになります。

F1種が増えたのは、虫食いのないきれいな、形の整ったお野菜を
私たちが求めたからでもあるのでしょうね。
そういうお野菜しか売れなくなってしまったから。


e0127625_1332421.jpg

よみがえりのレシピに登場する山形県、イタリア料理アル・ケッチャーノの
オーナーシェフ、奥田さん。 5月/ウーバレゴーデン「食と農の寺子屋」にて。



長い間、大切に受け継がれてきたものが失われるって寂しいな。。
そんな気持ちと一緒に・・、“?” と疑問もわきました。

もしも、種の値段がすごく上がったら?
もしも、もう種を売りませんって言われたら?
どうなるんだろう。

そんなこと、あり得ないと思うかもしれないけれど
種をどこかがコントロールする、つまりは食べ物をコントロールする・・
そう思うと、なんだかすこしこわいなぁ・・とも感じます。


日本の自給率は今でも40%あるかないか。
もしなんらかの理由で、もう日本には輸出しませんよーと言われたら?
同じようにそんなことも考えます。

ただ、多くを輸入に頼っているにも拘わらず
その輸入した食糧の約1/3を捨てている(年間約5800万トン)
日本は食糧廃棄率において世界一なのだそうです。
(‘モンサントの不自然な食べ物’上映会での、NPO法人AMネット代表理事松平さんのお話より)

頼るばかりでなく・・、何かの時には分け合えるように
日本ももう少し自立することが大事なのかもしれません。


e0127625_13332856.jpg


土、水、光、風、気候・・
在来種の種の中には長い間の膨大な記憶が組み込まれていると思うと
あの小さな種がものすごく大切なものに思えてきます。
人が作るどんな精巧な機械もかなわないな~


種のお話については、『from FOLIAGE』のomariaさんが
六耀社さんのサイトで書かれているコラムで
優しく、わかりやすく書いてくださっています。

・・・・ vol.18 種のお話 ・・・・スローライフ イン バークレー

omariaさんはカリフォルニア、バークレーでお花の会を主催されています。
お花、植物のエネルギー、その本質に触れられる
そんなomariaさんのお花もお話も大好きなんです♪
他のコラムもぜひ!

そしてこちらにも種のお話が・・

・・・種を考える・・・ 無印良品~くらしの良品研究所~
[PR]

# by lierre-fleur | 2013-07-13 23:38 | 地球のこと環境のこと

よもぎ


e0127625_20385178.jpg


よもぎを摘んできたので、紐で結んでお風呂にぽんっ。
ふわ~とよもぎの香りが漂います。

小さい頃からなんとなくよもぎが好きで(お団子とか。。)
よもぎの効能を知って、それが何故だかわかりました!

よもぎは造血作用、浄血作用、胃腸強化、冷え性にも。
なるほど自分に必要なものだったんだなあ。
人はきっと‘なんとなく’わかってるんですね。


e0127625_2154351.jpg

こっちは春に摘んだよもぎを乾燥させたもの。
ガーゼに包んで、お風呂にぽんっ。



友人から「魔法のめがね」という本を借りて読みました。
マクロビオティックの創始者、桜沢如一さんの書かれた本で
陰陽の話がお芝居形式で書かれていておもしろい。

魔法のめがねをかけると・・・

『なんでもよく見え、よくわかる。
ものごとの本当のことが見える。

暗いところ、明るいところ
百年千年の昔、また百年千年の未来まで。

姿や形、色を見て、その「こと」や「もの」「ひと」の由来、源、行く末・・
その“本質”が見える。』



e0127625_22241254.jpg

[PR]

# by lierre-fleur | 2013-07-11 00:11 | 地球のこと環境のこと